ホルモンの影響

医師

不妊の原因とその治療法

若年の女性でも不妊に悩んでいる方は少なくないようですが、その大きな原因として考えられているのが、過度のダイエットや精神的ストレスによるホルモンバランスの崩壊です。排卵に関してのホルモンバランスは非常に敏感なので、その様なストレスが原因でうまく排卵できないということが大いにあり得ます。 不妊の原因をしっかりと押さえたうえで、身近にできる不妊治療法としては、まずはダイエットなどをあまり意識せずに、必要な栄養をしっかりと摂取するということでしょう。また、喫煙や飲酒を控えることでも不妊治療に対して一定の効果をあげていることも事実です。 また、原因の中には、身体を過度に冷やしてしまうことも挙げられているので、夏場でもあまりクーラーを使用しすぎずに、お風呂に入るときにはできるだけ湯船につかって身体を温めるという努力をすることも大切です。

不妊の原因は男女ともにある

昔は35歳から高齢出産と言われ母子手帳に高齢のマークをつけられるなんて話も聞いたことがあるほど、35歳過ぎて産む人が少なかったそうです。今は全くそんな風潮ではなく35歳を過ぎて産むことが普通になってきました。しかし妊娠には適齢期があります。どんなに妊娠したいと思っても高齢になるにつれ卵巣の機能や精子の運動率も低下し妊娠しにくくなり不妊の原因にもなってしまいます。 不妊の原因として挙げられるのが、男女ともに高齢であることはもちろんのこと、他にも様々な理由があります。実際は原因がはっきり分かる不妊のケースは少なく、検査結果は大丈夫なのになぜか妊娠に至らなかったり、妊娠しても初期流産になってしまったりという方がけっこう多いのです。女性側では子宮や卵巣に何らかの問題を抱えていたり、男性側では精子の数が少なかったり、運動率が悪かったりといった場合にも不妊の原因につながったりします。 妊娠を希望している人は早目に病院で検査をし、必要に応じて適切な処置をすることが大切です。

注目の記事

問題の種類

新生児の足

無精子症は大きく分けて、閉塞性と非閉塞性の問題に分類することができます。通路がふさがっている前者と、作られるべきものが作られていない後者とでは対処も違うため、検査がまずは重要です。

関連リンク

  • やなぶ養神堂薬局

    三次市で不妊治療を検討しているならコチラを利用しませんか。原因や状態にあった漢方薬を処方してくれますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加